はんこおもしろ情報の最近のブログ記事

2月3日は節分の日、2月11日は建国記念日でもあり又、平成23年度厄除け祈願祭でもあります。

節分の豆まきは、福を呼び厄をはらいますが、もう一つ【縁起のいいハンコで一年のお守りに!】もいい方法です、是非チャレンジしてください。

平成25年厄年をむかえる皆さんは

1 .25歳(昭和64年/平成元年生まれ・巳年)前厄(24歳) 後厄(26歳)男性

2. 42歳(昭和47年生まれ・子年)前厄(41歳) 後厄(43歳)男性

3. 61歳(昭和28年生まれ・巳年)前厄(60歳) 後厄(62歳)男性

4. 19歳(平成7年生まれ・亥年)前厄(18歳) 後厄(20歳) 女性

5 .33歳(昭和56年生まれ・酉年)前厄(32歳) 後厄(34歳) 女性

6. 37歳(昭和52年生まれ・巳年)前厄(36歳) 後厄(38歳) 女性

●上記該当のみなさまは、人生の節目ですので「心・身」共に十分ご自愛なされますよう

お祈りいたしております。 縁起のいい はんこ で人生の開運を!!

因みに昨年度、不幸続きで運気の好転を望む人は、縁起の表札をかかげ、再起を計るもいいとおもいます。

1)  象牙には、ハードとソフト材があるが、どこがちがうのか

  解り易く区別して、少し赤味がかって透明度がたかく材質が硬く赤道直下のコンゴ又ザイールで

  産出される品。 ソフト材は、材質が白ぽくサバンナ地帯に生息し、産地は、ジンパフェ・ケニアで

  現在流通している牙はほとんどソフト材です。

2)  黒水牛と黒ラクトの見分け方

   天然黒水牛は、印材の側面を見ると、縞がタテにみえる筈です。

   「縞とは」 ご自分の爪をよく見るとねタテにスジのように縞になっております。

   黒水牛の「印頭」をみますと、頭上に点〃のへこみがみえますが、これは水牛の本物を証明す 

   る芯です。 黒ラクトはプラスチックの樹脂製です。

3)   本つげとあかね(古称 シャムつげ) の違い

   シャムつげは、印の側面をみると柾目(まさめ)が均一にみえます。 本つげ(薩摩つげ)は、

   板目が縞目となってて側面上にあらわれ、枝芽が黒い点もでて、一見材質が悪いのではない

   かと思われ ますが、これがほんものの証拠です。

4)   朱肉と印泥の違い

   朱肉と印泥の違いは、原産国の呼び名の違いです。 中国では印泥「いんでい」とよび、日本に

   においては、朱肉と呼ぶ。朱肉は、ひまし油・ろう・顔料・松脂・もぐさ・パンヤを混ぜて練り上げ

   朱油をつくり繊維質のタンポポの穂など加え高級朱肉となる。

5)   ケースの内側の朱竹のいわれ

   中国四神にまつわる説で、朱竹は健康と長寿のおめでたいお守りの図柄で、昔中国の孝行息

   子が、老父の病気をなおす、不老不死の薬を求めて深山に分け入り、竹林の中に一本の朱竹

   を発見、その源にとうとうと湧き出る朱色(赤ワイン) の泉が、不老長寿の薬として、病気を治し

   たといわれます。「菜根譚より」   

6)  角ゴジックと丸ゴジック書体の違い

  角ゴジック書体は、一棒(いっぺん)のかどが、90°の長方形の線をもつ文字

  丸ゴジック書体は、一棒(いっぺん)のかどが、丸い長方形の線をもつ文字

 

DSC_0109 のコピー.jpg

 

わが町 六郷の印章資料館に「十鐘山房印挙」のデータや、地域の観光情報などを閲覧できる専用端末が設置されました。  このシステムは、昨年度設立された印章資源活用検討委員会で協議された「十鐘山房印挙」活用策の一つです。

 

DSC_0112 のコピー.jpg   

 「十鐘山房印挙」は、今から2000~2500年前に中国で使用された官印や、私印を集めた30巻191冊に及ぶ印譜で世界に現存しているものは7セットしかないとされる貴重な資料です。 原本はこれまでも印章資料館に常設展示し、印譜の一部を見ることができましたが、この閲覧システムでは簡単にすべてを見ることが出来るということで、他県の業界人も目を輝かせて学習しております。 

このシステム、貴重な印譜を手軽に閲覧できるため、町産業の目玉になるとおもいます。

DSC_0107 のコピー.jpg 

 

私が、六郷印章業連合組合長を務めた頃より押しすすめてきた閲覧システムが、この3月にやっと

導入され皆様に自由に閲覧出来るはこびとなりました。

日本一の はんこの町 を象徴する「十鐘山房印挙」とは

中国清朝時代の歴史家「陳 介祺」が収集した古代中国の銅印の印譜集です。

 印譜集は、1853年にそれぞれ異なった製本で十部作成され、七部が現存しますが、その殆んど

は個人所有で一般公開されておりません。 当資料館が所蔵する十鐘山房印挙は全191巻から

なり、10376種の印譜が収められております。 この印譜の希少性とともに古代中国における文字

と印章の発展を知るうえで、印章業・書道家・文字研究家にとっては大変参考になる教本といえます

当社へ御来社の方は、ご案内させていただきます。

この十鐘山房印挙は、市川三郷町商工会六郷支所・六郷印章業連合組合が管理する

印章資料館に展示しております。

2月3日は節分の日、2月11日は建国記念日でもあり又、平成23年度厄除け祈願祭でもあります。

節分の豆まきは、福を呼び厄をはらいますが、もう一つ【縁起のいいハンコで一年のお守りに!】もいい方法です、是非チャレンジしてください。

平成23年厄年をむかえる皆さんは

1 25歳(昭和62年生まれ・卯年)前厄(24歳) 後厄(26歳)男性

2 42歳(昭和45年生まれ・戌年)前厄(41歳) 後厄(43歳)男性

3 61歳(昭和26年生まれ・卯年)前厄(60歳) 後厄(62歳)男性

4 19歳(平成5年生まれ・酉年)前厄(18歳) 後厄(20歳) 女性

5 33歳(昭和54年生まれ・未年)前厄(32歳) 後厄(34歳) 女性

6 37歳(昭和50年生まれ・卯年)前厄(36歳) 後厄(38歳) 女性

●上記該当のみなさまは、人生の節目ですので「心・身」共に十分ご自愛なされますよう

お祈りいたしております。 縁起のいい はんこ で人生の開運を!!

因みに昨年度、不幸続きで運気の好転を望む人は、縁起の表札をかかげ、再起を計るもいいとおもいます。